釣れるルアーを駆使するも 釣れる法則は見つからず

2017-05-07(日) 

‟コナモンの日” 語呂(ごろ)合わせ

ならば、ふわふわっ~、と
向かった先は・・・

景色


ポンド

前回釣れたルアーの効果を
見極(みきわ)めるべく

前釣れたポンド

とは言え、ただ釣れる所に
行きたいだけなのだが

ま~、そこはヘナチョコ軍団
ご愛敬(あいきょう)

チャカチャカっと準備を済ませ
「よろしくお願いします」
「一投目行きま~す」
とスタート

ロッド

コンスタントに釣れる流れ込みへは入らず
アシ際へ土手を降(お)りる バンちゃん

「???」

「ここやらないッスか?」
「釣れるッスよ」
と誘(さそ)うも

「こっちで良いぞ」
と、謙虚(けんきょ)な答え

はて?

「何故(なぜ)ッスか?」
日ごろ感じていた疑問をぶつけてみると

「ここ」
「必ず釣れるから」
「その日の状況を知るバロメータにしてんだ」

と・・・

釣りビジョンに登場するバスプロにも
引けを取らぬコメントに

絶句(ぜっく)

「まじッスかぁぁぁー」

そう、釣れて ‟ウキウキ♪” し
そこばかりを狙(ねら)う丁稚を余所眼(よそめ)に
バンちゃんは粛々(しゅくしゅく)とステップアップ

この差か・・・

景色2

実力の違いを肌(はだ)で感じつつ
武者震(むしゃぶる)い

改(あらた)め ちょっとおしっこへ

「ふ~」

気を取り直し
自称(じしょう)釣れるルアーこと、ジャクソンのエグジグ
流れ込みへキャスト

‟ふわふわ♪” とアクションを加えると

‟カツカツ♪” と

バス

バス登場

そして同じポイントを探ると

バス2

バス

バス3

バス

バス5

バス

やはり釣れる

今度は少し離れた所から
潮目に似(に)たポイントへキャストし

‟シェイク・シェイク・シェイク♪”

‟コツコツ♪”

‟コツコツ♪”

バイト(アタリ)はある
がっ、食い込(こ)まない

そのまま、底をズル引きすると

‟コツ♪”

食った

ロッドティップ(竿先)をギョギョ側に倒(たお)し
ライン(道糸)を送る

「そりゃぁぁぁー」

合わせを入れると

竿曲がり

‟ギュギュギュギュギュー♪”

と小気味よい引き

‟ギュギュギュギュギュー♪”

「おう、おう」

いや~、楽しいね~

数度の突(つ)っ込(こ)みをかわし
上がって来たのは

バス6

32cmブラックバス

「ラッキー」

サイズアップだ

再度同じポイントを攻(せ)めるも

今度は

バス7

チビバス

まぐれか~、と
三度(みたび)同じポインへキャスト

底を ‟ズルズル♪” していると

‟す~♪” とラインが出て行く

バイトだ

そのまま、ギョギョの方へロッドティップを向け
腕(うで)を伸ばす

「せーの」

一気にロッドを起こすと

竿曲がり2

‟ギュギュギュギュギュー♪”

結構(けっこう)な引きだ

‟ギュギュギュギュギュー♪”

ロッドで溜(た)めつつ
岸際へ

「おりゃ」 と抜き上げたのは

バス8

38cmブラックバス

「うっしゃぁぁぁー」

思わず雄(お)たけびを上げ

嬉(うれ)しいね~
たまんないね~

と、喜びに浸(ひた)り一時

我(われ)に返り
ふと気づいたのは

『デカ → チビ → デカ』 の法則

これだ

シッシッシ

頬(ほ)っぺたが落ちそうな程(ほど)緩む
横顔をよそに

バス9

チビ

バス10

チビ

バス11

チビ

『チビ → チビ → チビ』

そして

『無反応 → 無反応 → 無反応』

ヘナチョコ法則が繰(く)り広げられ

バス12

チビ

「・・・」

釣りビジョンのMakeを真似(まね)
法則を見出(みいだ)そうとするも

ま~、そんな簡単に見つかるはずもなく
分かったのは、自分がヘナチョコ軍団であることのみ

「ぷっ」

移動

景色3

あっこや

景色5

そこで

スモラバを試すも

無反応

無反応

無反応

「場所ッスかね~」
「でもスモラバ釣れるな」
とバンちゃん

「夕マズメはあっこッスね」
「だな」

と、前釣れたポンドへ戻ることに

岸際をランガンし

バス13

バス

バス14

バス

と釣るも
何故(なぜ)かその後は

無反応

無反応

無反応

そしてまた

バス15

バス

バス16

バス

無反応

無反応

無反応

これは・・・
明らかにデカバンが回っているパターンだ

すると目の前を50cm位の茶色いギョギョが

‟ゆら~♪”

慌(あわ)ててキャストするも

無反応

無反応

無反応

バンちゃんも別場所で見たらしく
「居たぞ」
「デカいの」
「釣れんが、な」

と焦(じ)らされまくる始末(しまつ)

とは言え、そこはヘナチョコ軍団
だって釣れないんだものと

ポイントを移動し

バス17

チビバスゲットにニンマリ

と、一日スモラバをキャストし続け
ここでタイムアップ

結果、38cmブラックバス頭に、バス16で終了

「いや~釣れたッスね」
「だな」
と、ご機嫌(きげん)で道具をしまっている横から

えっ、前回より少なくないか?
と、何処(どこ)からか突っ込みが・・・

1匹

その数字の大きさに
打ちひしがれつつ、出た言葉は

くぅ~、次回リベンジじゃぁぁぁー


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ヘナチョコ釣り師のおたわむれ All Rights Reserved.