スポンサーサイト

--------(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギー司朗をほうふつさせる荒業に

2013-03-30(土) 

“マフィアの日” 731年前の合言葉
頭文字を並べると・・・

ならば 『ヘナチョコ』 
は何の短縮形?

あれや・これやと思考を巡(めぐ)らすも
ま~、想像通りかな

景色


前回、支部長のMr.エックスさんから
「こんなもんかな?」
とギョギョ写真が届き


「ギブ」

常に臨界体勢(りんかいたいせい)で
虎視眈々(こしたんたん)と
その時を見極めていたのだが

「行きたい」 との気持ちには
適(かな)わず

ヘナチョコ軍団マコさん
「出撃だぁぁぁー」

と勢い良く飛び出すも

「あり?」
港に車が一台もない

お休み?

“とことこ♪” と船宿へ向かうと
大船長が此方(こちら)を見ている

「おはようございます」
「船、出るッスか?」
と尋(たず)ねると奥に向かい

「おーい」
と一言、すると船長登場

「南は無理だな」
「出るには出るぞ」
と嬉(うれ)しいことばが耳に入る

船に乗り込むと
ご無沙汰ぶりだったね
と言わんばかりのカモメのお出迎(むか)え

景色2

堤防を過(す)ぎると
結構なうねりが押し寄せている

景色3

暫(しばら)く行くと大きな島が見えて来た
「風裏に成るから」
と渡礁(としょう)

あれだけ吹いていた風が
まるで夢だったのかと思う程(ほど)
感じられない

流石(さすが)は船長

ちゃかちゃかっと準備を済ませ
周りを見渡せば

デカバンにヤラレタ島が目に入って来た

景色5

となればここも・・・

期待に胸膨(ふく)らませ
「よろしくお願いします」
「一投目行きま~す」
とスタート

竿

数カ月振りのキャスティングで
間違えて竿を握る手を離してしまうかと
心配していたが、体はまだ覚えていたらしく

弧(こ)を描(えが)いた仕掛けが
足元から伸びるサラシの際へと馴染(なじ)んで行く

ポイント2

“ジワジワ” としもらせながらゆっくりと探るも

無反応

無反応

無反応

「こりゃ~ちとやっかいかも?」

なんせ全く付け餌に変化が無い

思い起こせば撒き餌作りの水が
妙(みょう)に冷たかったのが気になる

とは言え深く入れれば
何か来るだろう

な~んて軽く考えていたのだが・・・

ラーメンタイム

景色6

えっ、もうかって?
そう海の放置プレイに居た堪(たま)れなくなり休憩に

マコさんも同様らしいのだが
強いて言えば、この日の為にと
低温対応のガスボンベを通販で取り寄せたんだとか

流石はヘナチョコ軍団
力を入れたのはそこかい

と遠くから声が聞こえてきそうだが・・・

先日から始まった寒波に
気温は半減

朝の気温から一転
胸の温度計が7℃近くも下がっており

雪も降りだす始末・・・

「寒いね」

釣果何だか気温何だが微妙な空気を感じつつ

身悶(もだ)えしながら
第二回戦スタート

今度は先端側に移動し
流れの際を探る作戦に

景色7

と言えば格好は用のだか
そこはヘナチョコ軍団過去にデカバンに切られた
ポイントへ近付きたかっただけだったりして(しっしっし)

無反応

無反応

無反応

しかし時折沈むウキに
微(かす)かな希望を抱(いだ)きつつ

タナを微調しながら
同じポイントを流すと

どうやら竿3本先でウキが吸い込まれる
ポイントが有る様だ

「あそこか」

足元から出る流れが
竿2本程先で右に方向を変えている

ポイント

と言うことは
あの辺りが沈み瀬の際だ

ギョギョのポイント発見

「よっしゃー」

念入りに攻めると
怒涛の連荘が

“ギュギュギュギュー”

竿曲がり

“ギュギュギュギュー”

竿曲がり

“ギュギュギュギュー”

竿曲がり

って上って来たのは
そのままの付け餌と藻(も)

藻

こんなことでは諦(あきら)められない
ならば今度は瀬際だ

ポイント3

と撒き餌と合わせながら
“グングン♪” 仕掛けを入れるも

“ぴっかぴか♪” の付け餌が
何度となく帰って来る

オキアミ

「え~い」

ならばこんどは裏じゃと
本島との水道を狙(ねら)うことに

竿2

それを見たマコさんが

“ニヤリ♪”

景色5

そう背に腹は代えられぬ
がっ

無反応

無反応

無反応

「う~」

打つ手なしか?
待てよ

「いやいや」
「気合いじゃぁぁぁー」

仕掛けを打ち返すと
ミラクルが・・・

“タララララララ~♪”

“タララララララ~♪”

“ポンッ♪”

「・・・」

巻き上げた仕掛けに付いていたのは

アオイソメ

『アオイソメ』

えっ?生き餌に変わってるしー

って
「こんなことあるんか~いっ」
と思いっ切り海に突っ込みを入れ終了

マコさん

結果、カモメ2、アオイソメ1

船

って釣りになってないじゃん

景色9

と何処からか

景色11

ま~、そこは ご愛敬(あいきょう)

景色10

港に戻り船長に釣果を伝えると
「ネタ期待してたが」
「ギョギョは居なかったか」
「それにしても」
「去年もこの時季から来てたよな」
と鋭(するど)い突っ込みが

「うっ」

まさか何時も見当違いの思いこみで
ピント外れな釣行を重ねているのがばれたのかと
ちと焦(あせ)るも

「前の釣り場では鯛の時期だったので」
「勘違いしちゃったかな~」
「はははははー」

と軽く格好を付け
小走りで船宿を後に

「あやしい」
と言わんばかりの船長の視線を感じつつ
口を割って出た言葉は

くぅ~、次回リベンジじゃぁぁぁー


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ヘナチョコ釣り師のおたわむれ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。