スポンサーサイト

--------(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューアイテム

2010-11-09(火) 

紅葉” 葉の色が変わる現象
緑一色だった山々は、日が増すにつれ色付き

その景色たるや まるで絵の具を広げたパレットの様
間もなくその景色は一変、白一色に

奇遇にも丁稚愛用の道糸
シマノ「HISPEED μ(ミュー) バリアパック」NL-012B
も白色だ

相性が良い様で、トラブルが少なく
何と言っても手頃な価格の割りに
品質が安定しているところが、お気に入り

毎回の釣行をサポートしてくれている
と言えば聞こえは良いが

ま~要するに、勝手に使っているだけなんだけどね(シッシッシ)

さて、今回新製品が出た様で
道具マニアとしては、放っておけない

じゃ~ん、入手

その名は
シマノ「AQADYNE BB-X[アクアダイン]」NL-012I

BB-Xライン


つづき» 

スポンサーサイト

これも必要

2010-01-28(木) 

「深ダナならハリスをふかすのかな?」
ならばデカオモリが要ると、こいつをチョイス

第一精工の「ゴム管オモリ」

オモリ

オモリのショックを軽減&ハリス傷を防止
更に固定でも使えるとのこと


つづき» 

深ダナなら

2010-01-27(水) 

道具を確認すると「たっ、足りない」
深ダナ狙い用のデカウキが無い

「う~ん、分からないがこれならどうだ」

釣研「遠投ビック黒鯛」

ウキ

デカバンが釣れそうなネーミング


つづき» 

えっ、不利?

2009-12-10(木) 

もともとウキ止めには、ハリスを使用
ある時、ふと色気づき“ウキ止め糸”をGET

その名は、オーナー「ウキ止めウーリー」

ウキ止め

柔らか素材で、ラインを傷つけ難く
ガイドに引っかかり難いのが特徴

また、簡易糸止めゴムが付いているので
好きな長さで切っても、ダラダラ出て来難くくなっている

さらに、何と言っても蛍光色で、視認性が抜群に良く
仕掛けの入り具合がつかみ易いと言うメリットもある

元来、ウキ止めを縛るのが不得意なオレッチには
見やすいので縛る時には重宝している

ただぁ~、トーナメント等では
タナがバレバレになっちゃうんですけどねぇ~


迷ったあげく

2009-11-27(金) 

ハリスが無くなり釣具屋へ

ニューアイテムが・・・
その名は シーガー「グランドマックス磯」

この “磯” の一文字に くらくら 来る
さらに 薄型スプール でかさばらない とのこと

ライフジャケットの膨らみを考えると
薄型スプールは魅力的

「迷うな~ぁ」

がっ、結局、何時ものハリス 「グランドマックスFX」 をチョイス

ハリス

「えっ、決め手は?って」

それは、スプールからラインを引き出すときの
“カチカチ音” 

あの音が無いと、やっぱ磯で淋しいんだよな~ぁ(シッシッシ)


汚れない

2009-11-26(木) 

釣りが終わると、指先が “真っ黒”
ま~気にも留めぬ、当たり前の光景

ある日、釣具屋の棚に、ふと目をやると
何やら 緑のガン玉が・・・

その名は フジワラ「ガン玉」

通常のガン玉に コーティング が施してあり
粉が手に付かない優れ物

ガン玉4

「手が汚れない!?」
これはラッキーとばかりに 即ゲット

ただぁぁぁ、買い置きのガン玉が はける までは
しばし お預け かなっ

補充完了

2009-11-25(水) 

いや~、前回は 「流した・流したぁ~」
ご無沙汰振りにウキ大量放出

じゃ~ん “ウキ” ゲット

その名は 釣研「エイジア」

ウキ

フリクション・ゼロ・システム を採用し
「糸落ちの良さ」 と 「感度」 を両立

そのメカニズムは、φ2mmのリングを上下に配置し
中央のパイプはφ2.5mmのストレートと拡大されている

これにより相反する機能を両立した汎用性の高いモデル

また、表面には ダンパーコーティング が施されていて
ウキをぶつけた時の衝撃を吸収/緩和し
キズや割れなどを軽減してくれる

さぁ~、これで安心
むむむ?、待てよ、予備が要るなぁ

よぉ~し、何にしよっかなぁ~


尾長退治グッズ

2009-11-23(月) 

他船で “デカ尾長” が上がったようだ

「くっ、くやしぃぃぃー」

バラした 奴は 「デカ尾長???」
次回、本番に備え “ハリ” ゲット

その名は オーナー「剣華グレX」

ハリ

微妙なハリ先形状で、口元に掛かり易い構造が売り
呑(の)まれる事による ハリスの チモト切れを軽減してくれる

軸径を剣華グレより太くすることにより強度UP
これでデカ尾長の強烈な引きにも対応

また、グリップヘッド の採用により
ハリスの スッポ抜けや回り込みを防止してくれるとのこと

「ふぉっふぉっふぉ~、デカ尾長よぉ、待っておれぇぇぇー」


さぼって

2009-11-19(木) 

必要に迫られ “直結” をするも
なかなか どうして

サルカン使いには、少々頭の痛い問題である

釣りビジョンの「磯を駆ける」で度々登場するフレーズ
DUEL「パワーノットサルカン」

「まぁ~、ただのサルカンかな」と気にも留めず

ある日、釣具屋で手に取ると「サルカンなのにプスチック???」
なになに説明には 「ラインに近い比重で直結の代わりに・・・」

“渡りに船” とはこの事
「いただきぃぃぃー」

パワーノットサルカン

厳密には、もろもろ有り、直結とは異なるだろうが
今のところ、重宝している


バトンタッチ

2009-11-17(火) 

寒が入り「さぶぅぅぅ~」な日々

ウキ下30cmでの爆釣が うそのよう
大活躍の 釣研「グレ ハリスウキ」も そろそろ お休み

ハリスウキ


つづき» 

道糸を求め

2009-11-15(日) 

さ~お買い物、お目当ては“道糸”
片道30kmの道のりを、山越え・谷越え・海越えて

道中の木々は色付き
秋の深まりを感じつつ

かき


つづき» 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ヘナチョコ釣り師のおたわむれ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。